ナルホド!着物ことば

着物買取に役立つ専門用語

形状・柄

着物の種類には、その形状・柄の違いによって、本当に様々なものがあります。そもそも着物自体の形は一つだけですが、そのたった一種類しかない形のものを、素材の形状や柄などによってまったく違った表情を持つものにしているのです。これって実はすごいことなのではないかと思います。その形状や柄を表す言葉として、袷や単薄や物絽や一つ紋などがありますが、この素材の形状・柄は、季節によって異なるのが普通です。結構厳しい決まりごとがありますし、紋の使い方ひとつによって、その着物自体の格が変わってくるという、とても興味深い性質を持っています。

着物の世界は知れば知るほど奥が深いので、最近、若い世代で着物に興味を持つ人が増えているというのも、なんだかわかるような気がします。着物は四季の移り変わりに合わせて、その素材や織りを選び、裏地をつけたり、重ね着をしたりします。また、素材や織りや形状だけでなく、その柄も季節に合わせたものを用いるのがマナーです。一番多い柄は花柄ですが、その花の盛りの季節にその花の柄のものを着ます。通常、実際の季節を先取りする形で柄として用いるようになっており、秋草模様は8月の柄とされています。もちろん柄だけでなく、色でも季節感を表現するのが普通です。 

袷というのは、10月から翌5月までの間に着る着物で、裏地が付いているものを指す言葉です。寒い季節ですから、上に羽織を着るとしても、当然の工夫と言えるでしょう。ただ、ウールアンサンブルは冬でも単衣仕立てなのが普通です。5月の下旬から6月にかけては単衣仕立てのものを着ます。素材の生地の種類は袷に用いられるものと一緒なのですが、裏地が付いていないものです。色合いは明るく柔らかめのものが多く、雨が多くてジメジメした季節に、涼しげな印象を演出します。夏本番の7月から8月にかけては、染めならば絽や紗、織りならば麻の上布や紬などの生地を使った薄物を着ます。

絽や紗であればさっぱりとした白や水色のものが好まれ、上布や紬などの透ける素材は濃い色の方がかえって涼しげに見えるため、濃紺のものなどが多く見られます。そして、9月になれば、また単衣仕立てに戻します。季節の移り変わりに忠実に衣替えするのがマナーですから、着物くらい季節感を実感できる衣服は他にないと言えるかもしれません。一方、一つ紋とは、背中部分に一つだけ入れられた紋、またはその紋が入った着物のことを指す言葉です。五つ紋であれば、正式な礼装用となりますが、一つ紋だと準礼装の扱いになります。しかし、格が下がる分だけ用途の幅が広がり、一つ紋の着物を1枚持っていると、かなり重宝します。