ナルホド!着物ことば

着物買取に役立つ専門用語

種類

今日では、日常生活で着物を着る人は殆どいなくなりました。七五三や成人式、卒業式、結婚式などの冠婚葬祭で着るのが初めて、という人も多くなっています。そういう場で着る着物種類は、振袖や留袖や黒留袖などがほとんどです。けれども、着物自体の種類はその他にも沢山あります。現代で一番身近なのは、浴衣です。浴衣でさえも、正しく着られない人が増えていますが、着物に対する興味・関心の入り口としては、広く役立っています。今でこそ、夏のお祭りや花火のときに着るものとして、浴衣は扱われていますが、本来は文字通り、入浴後に着る寝巻のようなものでした。

ですから、昔の人の感覚で言うと、浴衣ででかけるなんてと驚くことです。しかし、現在の浴衣は、昔の浴衣と違ってデザインも柄も凝っていて、色も黒や紺、白に青、ピンクに赤、緑に紫などさまざまですので、充分夏の気軽なお出かけとして、通用するように作られていると言えます。このように、着物の役割やそれにまつわる決まりごとも、時代が変わるにつれてどんどんゆるくなっているのが、現実です。しかし、この洋装全盛の時代に、日本伝統の着物が生き残っていくためには、それもまた必要なことなのです。冠婚葬祭で着る着物でも、どのような場所と立場かによって、選ぶものが変わってきます。

大きく違うのは、既婚か未婚かの違いです。成人式などでは女性が振袖を着ていることが多いですが、振袖は未婚女性の着るものです。ですから、既婚女性は着用しません。未婚女性にとっては、振袖が第一礼装になります。既婚女性の第一礼装と呼ばれるものは、黒留袖です。黒留袖とは、黒い地色の反物に、帯から下になる部分にだけ、模様が入っているものです。これはよく、結婚式で新郎新婦の母親が着用しています。黒留袖には、5か所に紋が入っているのが正式です。

これに次いで格が高いとされるのは、色留袖です。色留袖は、地色が黒ではなく、薄ピンクや薄い水色、薄い黄色などで、黒留袖と同じように、帯から下になる部分にだけ模様が入っているものです。どちらも帯から上の部分には、模様が入らないのが特徴です。ですから、結婚式の披露宴などで、テーブルに着席すると、テーブルの上は上半身しか見えないため、黒が薄いカラーの柄無しということになり、あまり華やかではなくなってしまうところが難点です。色留袖は、紋が5つ、3つ、1つのものがあり、5つが一番格が高くなっています。